読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

あぁ、のど自慢 結果発表

前回うちの母親がNHKののど自慢に応募したという話を書きましたが、その予選が本日ありましたで、気になる結果なのですが・・・残念ながらダメでした

IMG_2412


↓緊張の面持ちで受け付けを待つ母の後ろ姿
IMG_2411


まあぶっちゃけ歌唱力では本選出場は程遠いな、と思いつつ、高齢者枠で何とか引っかからないか・・・と思っていたのですがあとは美空ひばりの霊が母に乗り移ることに期待したのですが、どだい無理な話ですねカラオケに練習にも行かなかったそうで、うちの母のど自慢をなめてました

↓今更気付いたのど自慢出場のコツ
http://guguruki.com/1440/

予選は誰でも会場に出入り自由ということなので、母の出番は全250組中で210番という随分後ろの方でしたから、私はとりあえず後から応援に駆けつけました。全部で5時間くらいにも及ぶ予選を全て見るのはなかなか大変です

ちなみに出場の順番はどうやら曲名のあいうえお順になっていて、今回母が歌ったのは「みだれ髪」だったので、だいぶ後の方になったわけですこれは同じ曲の人の場合は立て続けに並ぶことになります演奏する人もあちこち散らばると大変ですし、並んでいた方が比較で採点しやすいですしねゲスト枠を狙う人が多かったりするので、例えば今回は夏川りみがゲストですから「涙そうそう」が5,6人続くことになります

が、案外面白かったです予選とはいえ、本番さながらにセットは整い、カメラで撮影もされていますし、バックバンドが生演奏してくれますそして一人一分程度の持ち時間で、テンポ良く次々と出場者が舞台の上で代わる代わる自慢ののどやパフォーマンスを披露しますやはり自ら応募してくるような強者ばかりですから、エンターテイメント性に長けていますね

当然番組製作側も盛り上げますディレクターっぽい男性二人が、ステージの両脇で芸人顔負けにジェスチャーで観客を暖めますテツandトモにのテツ似ている感じだったので、本当にそうかと思う程会場全体が良い意味で催眠状態にかかったような、妙な盛り上がりを演出しますこれはもし観に行く機会があれば、一見の価値ありですよしかし彼らスタッフも演奏する人も、ずっと動きっぱなしで相当な体力だと思います

そうこうしている間にうちの母の番が段々近づいてきました順番が近づくとステージ上に上がり、本番のように歌っている人の後ろで手を叩いて拍子をとったり、曲に合わせて手を振ったり、色々と画面のバックを盛り上げる必要がありますどうやらここも採点の一つになっているとかならないとかで、笑顔で大ぶりに動いた方が当然画的にも良いみたいですねが、うちの母は緊張で既に顔が死んでいましたあぁ、ダメだこりゃ(つづく)