読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

健全な精神は健全な肉体に宿る

転んで頭をぶつけ、脳の手術を受けてかれこれ9年以上施設に入所しているうちの父親ですが、これまでは何とかリハビリなどで歩行器を使いながらも自力で歩いていましたけれど、遂にそれも難しくなってきました。

先月から「足首の辺りが痛い」ということで、リハビリ訓練を自重。確かに今までもハッキリとした足取りで歩けていたわけでもなく、色々な部位に負担がかかっていたのだと思いますが、1ヶ月以上経過した今も痛みが残る様子。医者にも見せたのですが、結局は安静にしている他ないということです。

一応車いすなどには移乗して食堂には行けるのですが、そうなってくるとベッドの上で何もせずにテレビをぼーっと見ている毎日になります。

すると2週間ほど前から遂に父の様子が悪くなってきました。元々ご飯を食べるのに1時間以上かかって一番最後まで食べている人だったのですが、更に一層遅くなる。コップなどを持っても手に力が入らずすぐ落としてしまう。トイレでも自分の足で立とうとせずに介助が2人必要になる。遂に車いすも普通の車いすでは無くなり、より介護度が重い人用のものに変わってしまいました。飲み込む力も弱くなって、お茶なども容易に飲めない状態。

父本人の気持ちとしては「リハビリを積み重ねて歩けるようになって、いずれ家に戻りたい」という気持ちがあったようです。が、私はもう無理だろうとは内心思っていました。82歳で年々身体が弱っていく中で、今より状態が劇的に良くなることは難しく、現状維持がせいぜいだと。

その気持ちが遂に切れてしまったということでしょうか。ハッキリと診断してもらったわけではないですが、私が見る限り父は鬱病になってしまったようです。

元々しゃべる人では無いですが、それでも話しかけたら今までは「うん」という応答くらいはしましたが、全体的にぼんやりと反応が薄いです。目線も虚ろでどこを見ているのかわからない感じ。ヒゲも電気ひげそりで自分で毎日剃っていましたが、今では剃る気力も無くなり、母が剃るまで伸ばし放題。車いすも放っておくと自分で動かす気も無く、誰かに押してもらうまではいつまでもそこに居ます。

今までは歩いていたことで、脳にも何らか良い刺激が加わって精神的な安定も保たれていたのかも知れません。フィジカル面の弱さが遂に精神面を蝕んできたような感じです。昨日も気分転換にと父を今年初めて外に連れ出して福祉車両でドライブしてきましたが、ほとんど笑顔も無く空虚な感じ。本当に何もしたくないような感じで、むしろ連れ出さない方が良かったのかなとも思いました。(つづく)