読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

NYだよ、おっ母さん! その31

NY話のつづきです。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/KA.Blog/20160403.html


で、早速念願のステーキ肉をパクリ。う、美味い今回NYに来て、最も美味しいものがここにありました勿論私の体調が戻ったこともありますが、この高い熟成肉が旨くないわけはありませんねあっという間にパクパク平らげますベイクドクラムも勿論美味しかったですが、こちらは一口で食べてしまいますからね

付け合わせにはポテトサラダとほうれん草をペースト状にしたもの(クリームドスピナッチ)が付いていました。昔テレビでよく見ていたポパイで、ほうれん草 の缶詰をギュッと握りつぶすと、中身がビュッと放物線を描いて飛び出し、それをポパイが上を向いて口を開けて上手くキャッチ(食べる)・・・というよう な、緑色のドロドロした感じのもの

正直見た目あまり美味しくなさそうな感じですが、食べてみるとこれが本当に美味い一体どうやって調理したのやら。レシピを知りたくなったくらいです

口の周りを油ギッシュにしてパクパク食べていると、私の手からつるりんとパンが床に落ちてしまいましたあーあ、と思って私が拾おうとすると師匠に「拾ったらダメだ(マナー違反)」と指摘されました基本はウェイターさんに処理してもらわないとダメなのだとかこういう高級な店に来たことが無い私は知りませんでした

あと、ウェイターさん一人一人のテーブル担当があるので、自分たちを最初に案内してくれたウェイターさんに追加注文をしないといけないのだとかそれがチップ制の根幹でもあるので。なるほど日本と違って結構面倒くさいですね

と言うわけで、担当のウェイターさんが近寄ってきたところを見付けて、追加オーダーのデザートを私とAさんはニューヨークと言えばやはりニューヨークチーズケーキでしょう、とばかりに注文対して師匠は「チョコレートパフェプリーズ」えぇ師匠チョコレートパフェ食べるんですか師匠女子力高過ぎです

やがて運ばれてきたデザートを並べる際、当然ウェイターさんはAさんの前にチョコレートパフェを置こうとします。それを否定して、師匠は自分の前にチョコレートパフェを引き寄せます。アメリカサイズですから結構な大きさのチョコレートパフェです

ちなみに全然話は変わりますが、横須賀に「花櫚」という超巨大なパフェを提供するお店があって、防衛大学校の生徒は上級生に連れられて初めて外出する際に、そこのパフェを完食しなければならないという儀式がありました(※今はもう花櫚が無くなってしまったそうです)。

それに比べるとまあ小さいんですが、それでも師匠は平気な顔をしてパクパク食べ進みます小柄な方なんですが、大丈夫でしょうか?満面の笑みを浮かべながら幸せそうに食べる師匠の姿を見て、隣のテーブルのドイツ人夫婦っぽい人が「Wow」と驚いていました

一方、勿論我々のニューヨークチーズケーキも大きめで、食べ応えがありました。これもやはり美味しかったです

IMG_2713


というわけで、十分お腹を満たされ堪能した我々は、あとはホテルに戻って眠りました(つづく)