読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

明日にいよいよ大統領選挙を控えて様子見

★☆★☆ 第8回目開催決定!

テレビ東京日経CNBCラジオNIKKEIなどでお馴染み、あのブーケ・ド・フルーレット代表の馬渕治好氏が高岡で8度目となる自主開催セミナーを開催されます!!

馬渕治好氏略歴
http://bd-fleurettes.eco.coocan.jp/sub1.html

内容 :「世界経済・市場展望」
(※世界の経済動向、主要市場の先行き、政策要因や投資家動向などの全体観について、最新情報を踏まえながらわかりやすく解説。なお質疑応答を含め、個別銘柄の株価判断はありません)
日時 :12月10日(土) 13:30~
場所 :富山県高岡市 JR高岡駅前 ウイング・ウイング高岡
参加費:4000円

事前お申込制となっており、定員に達し次第締め切りとなります。
セミナー終了後は懇親会も予定されています(※自由参加。別途5000円程度)。

詳細を下記リンクよりご確認の上、お申込みください。
http://kokucheese.com/event/index/431400/

東京では3日で定員に達する人気セミナーです。
当然私も参加します(^_^)/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日の日経平均は反落。前日のNYはヒラリー大統領誕生を期待した買い戻しが入り強含む展開。ダウは一気に18000ドルを回復し、10月後半の足をまとめて包み込む勢い。S&Pの連敗は9でストップしました。

それを受けた日経平均は朝方から買いが先行。ただ日本は昨日急反転していた反動や、寄り付きで買い一巡感が出ると、明日に控えた大統領選挙を前に警戒感が強まり上値が重い展開に。やがてマイナスに転じました。ただ後場にかけて日銀のETF買い期待や、明日を見据えた手控え感で前日終値を挟んだ小動きに終始。TOPIXはプラスで引けました。売買高は16億株台、売買代金は1.7兆円台と低調。

投資判断は「やや買い」。泣いても笑っても明日のアメリカ大統領選挙に関しては、引き続きヒラリー大統領誕生シナリオをメインには据えています。支持率の差は縮小しほぼ拮抗しているものの、結局選挙人の多い地域でどちらが優勢かが一番カギを握ります。なので国民投票のように支持率=当選確率とも言えません。


ギリシャやイギリスの国民投票みたいにひっくり返る可能性も当然あるにはあるんですが、各州毎にその逆転劇が起こらないといけませんから、これらの欧州国民投票と同列に扱うのは違うのかも知れません。もっとも、その選挙人の差も狭まってきましたが。ただ「大統領先物」は再度差が広がる展開で、メキシコペソも反発しています。
http://www.realclearpolitics.com/epolls/2016/president/2016_elections_electoral_college_map.html
https://tippie.biz.uiowa.edu/iem/

試算ではトランプ氏勝利の場合、アメリカ株は7%下落するというものが出ていますが、個人的にはそんなもので収まるのか?という気がします。売りが一巡するまで現状から20%くらい下落するのではないかと。何と言ってもアメリカの国粋主義的な動きで新興国が下がる→世界株安の流れが目に見えています。

まあ就任したら就任したでレーガン大統領のようになんだかんだ上手くやるんじゃないか・・・という説もありますが、まあこれだけ世界に恥を晒した大統領の前途が多難であることは間違い無いでしょう。不良がちょっと良いことをしたら「あぁ、あの人は実は良い人なんだ」と思われるようなハードルの低さはあるでしょうけれど・・・。

ともあれアメリカ大統領選挙の結果は明日の場中で対応が出来ます。ですから事前に無理して売らなくても、大勢が次第に判明していく過程でポジションを増減できるという点は良いのかも知れません。

そんな大統領選挙も気になりますが、その裏で下がり続ける原油の方が尚直接的には現在気になります。結局原油に関しては減産のサプライズ合意が報じられた9/28以降の上昇分を行って来いで打ち消す形になり、WTI原油は45ドル割れとなりました。その間若干ドル高で推移していますから、まあ実体面的には少し原油高の状態なのかも知れませんが、とにかく原油価格は適正水準に戻りつつあるという印象です。

ただ原油価格が50ドル台を回復しても、掘削リグ数はピーク時の1500基超→足元では441基ということで、1/3程度に止まっています。確かに技術の向上などで1基辺りの産出量が増えていますから、産油量自体はピークから10%程度下の水準に止まっています。かつてのように20ドル台まで原油価格が下がるのは現状考え辛いですが、均衡水準としては40ドル前後というところが妥当でしょうか。

正直その割には株式市場に大きな影響が無いように思いますが、個人的にはまずこの下げ止まりを確認したいところです。今やアメリカは世界最大の産油国なわけですから、原油の下落はアメリカにとってもマイナスです。

チャート的には日経平均の方は一応遂に200日線が上昇。またストキャスの割安感、足としては金曜の下落をいわゆる「捨て子線」の形に出来たことで、上昇機運の強い形状にはなっています。ただ何と言っても明日に結果が出るアメリカ大統領選挙次第。あまりチャートを論じてもアテにはできませんね。

一応ドル円のチャートも見てみると、9月以降は100円~105円での推移となっていました。11/3の祝日の間に恒例の円高が進捗し、一時102.50円まで下がりましたから、丁度半値押しという水準に達しました。目安的にも一旦この辺りで下げ止まるのではないかと思います。

まあ個人的には大統領選挙前に上がるよりは下がった方が良いとは思います。ただでさえヒラリー大統領誕生になったとしても、それで株価が上がる要因にはならなそうですからね(むしろアメリカは出尽くし感で下がりそう。他方日本を含めた他国は安心感で買われる可能性はあります)。


新興市場も「やや買い」。ただ心情的には既に「強気の買い」に替えても良いかなとは思っています。無事ヒラリー大統領誕生、しかし議会は共和党というねじれによる「安定感」が継続するなら、やはり流動性プレミアムをとりやすい新興市場の方に妙味が出てくると思います。


ポートフォリオ銘柄】
アニコムHD(8715)は大幅高で値上がり率ランキング6位。昨日発表した決算が好感されました。中間期決算は大幅な減益決算ながらも、計画を上回っての着地。第一四半期に減損などをぶつけてしまったお陰で費用負担の減少に繋がりました。個人的にはもっと悪いかなとも思っていたのですが、ともあれ良かったです。終値ベースでは8/4以来の高値水準となっていて、今回の大陽線は需給を一気に好転させたと思います。


昨日寄り付きより買いポートフォリオ入れとなったCYBERDYNE(7779)は続落。昨日はあれだけ全体地合が戻ってもわずか1円高に終わり、本日も直近安値を割り込む体たらく。うーん、ちょっとエントリーが早かったですね。なお明日はミクシィ(2121)の決算ですが、ミクシィは06年9月の上場から10年を経過し、いよいよマザーズから出て行くことになると思います。その分、残る同社などのウェイトは一段と大きくなりそうです。


・・・と、また文字数制限にかかってきたので今回はこの辺で。いつも長々とした駄文をお読みいただき、誠にありがとうございます。なお上記内容は一部前日以前に既発の有料メルマガからの抜粋を含んでいます。


その他有料メルマガの成績は下記「じょうしょうダルマ」URLから確認の上、お申込ください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html


株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、正確性や投資成果を保証するものではありません。