読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

そして父になる その4

嫁の妊娠話の続きです。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/KA.Blog/20170103.html

それから間もなく父の葬式となり、身の回りはバタバタしていましたちなみに妊婦の嫁はお腹に鏡を巻いて参列。そんな風習があるなんて、私は初めて知りました。

父の葬儀が終わって間もなく、まだ嫁のお腹がそれ程大きくなっていない頃。姪が子供(2歳の男の子)を連れて実家に遊びにきました。そこで当然のように「生まれてくるのは男の子か、女の子か」という話題になりました。

姪が「子供は赤ちゃんのことわかるらしいよ」と言うので、ノリで「じゃあちょっと聞いてみよう」ということになりました。それで嫁の前に姪の子を連れてきて「お腹の中の赤ちゃん男の子か女の子かわかる?」と冗談交じりに聞いてみました。

すると姪の子がすかさず笑顔で「女の子」というのです。私はその断言ぶりに一瞬背筋がゾッとした程でした

でも、まだ子供だから質問を理解できず、嫁が女の子だ、と言っているのかも知れない。また「男の子?女の子?」と聞いたので、順番を逆にしてみたらまた違うかも・・・と思ったので、改めて「お腹の中の赤ちゃんは女の子?男の子?」と聞いてみました。

すると「女の子」とやはり同じように笑顔で断言するのです。私は益々ゾゾッとしました

それから2ヶ月後。産婦人科の検診で判明した性別は、見事女の子でしたまあ確率1/2だから、たまたま当たったんだろう・・・と思いたいところですが、どうもあの時の姪の子の表情、断定ぶりに圧倒されてしまい、今思い出しても不思議な感じがします(つづく)