読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

そして父になる その8

嫁の妊娠話の続きです。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/KA.Blog/20170103.html


昨年末辺りに、市の保健センターが開催する妊婦教室に行ってきました。赤ちゃんが生まれた後の沐浴のやり方や、男性が妊婦のお腹の重さ、大変さを実感できるよう、妊婦体験ジャケットを着てみたりするようなイベントで、定期的に行われているようです。

正直、若い人ばかりで、我々のように初産が高齢出産に該当するような年齢の人ってあまりいないんだろうな・・・と思っていましたが、結構少なからず居て、我々より年上のような人さえ居ましたやはり最近は30代後半~40くらいでもザラなんですね「将来授業参観とか行き辛いな」などと思っていましたが、妙に安心しました

そこで保育士さんから沐浴のやり方をレクチャー左腕一本で支えて赤ちゃんの耳を塞いで水が入らないようにしたり、タオルをかけて冷えないようにしたり。ただ、正直一度試してみたくらいでは、なかなか覚えられませんね何か余計に不安になりました

妊婦体験ジャケットは「赤ちゃんが3kgくらいだから、単純に3Kgの重りだろう」・・・と思っていたのですが、7.3kgの重さが付いていました。羊水などもあるので、倍くらいの重さになるのだとか

まあ一応私自身は比較的足腰鍛えているつもりなので、重さ自体はそれ程違和感がありませんでしたけれど、女性の方は確かに大変でしょうね。特に体験なんて数分ですが、ずっと鉄下駄を履いて生活しているようなものかも知れません。

あと、どちらかというとお腹が出たことで下が見えなくなる方が厄介かも知れませんね。足元を気にしながら生活しないといけません色々大変なのはよくわかりました(つづく)