読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

そして父になる 一旦完結編

嫁の妊娠話の続きです。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/KA.Blog/20170103.html


今一つ懸念なのは、未だ逆子の状態であるということ。8ヶ月目の段階で逆子であることから、いよいよ真剣に解消しないといけなくなってきました。一応、30週までに逆子の割合は20%、最終的には5%くらいの人が治らず帝王切開ということになるそうですが。

出産までに治れば良い、ということで嫁は毎晩寝る前に「逆子体操」を続けています。10分間お尻を高く突き上げる姿勢を維持し続けるのは辛いみたいですが「回れ回れ」と念じながら続けています。先日はお腹の張りが緩む薬を処方され、それで子宮の空間を拡げて回りやすくなっている・・・はずですが、未だ効果はありません結構元気に動いているのですが・・・。

そんな状態ですけれど、嫁はギリギリ産休期間まで仕事に行くということで、毎日職場までの送迎をやらされています「毎日家にいて鬱々としているよりは、仕事をしている方が精神的にも良い」ということですが、個人的にはインフルエンザとかも流行ってますし、家で大人しくしておいて欲しいところ・・・。とりあえずもう3週間くらいの辛抱です

しかし、自分もいよいよ人の親になるんだなと思うと、世の中の物の見方も変わってきます最近ニュースなどを見ていると「子供の列に車が突っ込んだ」というのが多いですが「子供の列を見ると突っ込みたくなるんか」などとテレビの前で怒っています他にも若い女性が犠牲になるニュースを見たりすると、親御さんはどんな気持ちなのか、と思ったり。

すごいマニアックな話になりますが「静かなるドン」という100巻以上続いた新田たつおの大人気マンガがあり、私はあのギャグとシリアスが入り交じったばかばかしさが好きなのですが、ダメサラリーマン兼ヤクザの大親分である主人公近藤静也が恋人(秋野さん)の親に会った時の話。厳しい父親だということで、静也も何とか認めてもらおうと緊張しながら対面します。

その秋野さんのお父さんが「娘はやれん」と頑固に拒絶する・・・のかと思いきや、子供の時の娘の写真を静也に見せ「こんなに大切に育てた娘なんだ。どうか別れてくれ」と土下座して決死の覚悟でお願いするんですね。それで静也は大ショックを受けて、秋野さん秋野さんと距離を置こうと考えます。

そのシーン、以前の私ならそこまで感銘を受けなかったと思うのですが、どうもお父さんの方に我が身を重ねて考えてしまい(だいぶ気が早いですけれど)100巻の中でも最も印象的なシーンになりました。まあ、私の方も子供と共にこれから成長していかないといけませんが、ともあれ、まずは無事生まれてくることを祈りつつ

と言うわけで、とりあえず今回のシリーズはここまでで一旦終わりあとはまた追々近況を報告していきます。(完)