読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

内憂外患で高値超えならず

★☆★☆ 第9回目開催決定!

テレビ東京日経CNBCラジオNIKKEIなどでお馴染み、あのブーケ・ド・フルーレット代表の馬渕治好氏が高岡で9度目となる自主開催セミナーを開催されます!!

馬渕治好氏略歴
http://bd-fleurettes.eco.coocan.jp/sub1.html

内容 :「世界経済・市場展望」
(※世界の経済動向、主要市場の先行き、政策要因や投資家動向などの全体観について、最新情報を踏まえながらわかりやすく解説。なお質疑応答を含め、個別銘柄の株価判断はありません)
日時 :3月18日(土) 13:30~
場所 :富山県高岡市 JR高岡駅前 ウイング・ウイング高岡
参加費:4000円

事前お申込制となっており、定員に達し次第締め切りとなります。
セミナー終了後は懇親会も予定されています(※自由参加。別途5000円程度)。

詳細を下記リンクよりご確認の上、お申込みください。
http://kokucheese.com/event/index/449183/

東京では3日で定員に達する人気セミナーです。
当然私も参加します(^_^)/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経平均は本日反落。前日のNYは引き続き減税策に対する期待感から3指数揃って最高値更新。

それを受けた日経平均は朝方こそ買いが先行。ただ昨日同様、19500円の高値に上値を抑えられると、ほぼ寄り天の形となって軟化。前引けにかけてじり安の展開になりましたが、日銀のETF買いを阻止する程度の下げ幅に止めました。

ところがそれが災い。昼に東芝(6502)が予定していた決算発表の延期が伝わり、またアメリカではフリン大統領補佐官の辞任が伝わると、政権のぐらつきを嫌気したドル売りが進捗して一段安。特に銀行株辺りが両方の悪材料を受ける格好に。引けにかけて一段安となりました。売買高は21億株台、売買代金は2.4兆円と低調でした。


投資判断は「売り」。一応、少しずつですがドル建ての日経平均は下値を切り上げており、足元で日本株にも出遅れ調整の動きが出つつあります。ただ本日は雰囲気が一変したような下げでした。
http://market.newsln.jp/apps/market/quotes?r=3m&c=1010&lang=ja&t=large

先週発表された投資主体別売買動向では、外国人が2448億円の現物売り越しということで、3週連続の売り越し。金額ベースとしては約半年ぶりの高水準となりました。先物も1584億円の売り越しと、先々週の下げはやはり外国人のせいだった、ということがよくわかります。

一方、個人投資家が遂に2041億円の買い越しとなりました。うち信用の買いが1419億円となっており、確かに先週発表された信用買い残が急増していたことの裏付けとなりました。この増加額はいつ以来かと思って遡ってみると、昨年1月第一週以来の水準。うーん、昨年1月と言えばあの暴落の入り口。
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/stocks_data/investment_3/investment_3.asp

ともあれ、今回の信用買いの増加は足元好調なマザーズやJASDAQといった新興市場に資金が流れ込んでいるものと見られますから、押し目を待った個人投資家の買い・・・というニュアンスとはまた違うように思われます。

今回気になったのは「今回の雇用統計に対する季節調整分が怪しい」という記事。詳細は下記のリンクの通りですが、元々雇用統計なんて1.5億人と言われる就労人口のうちのたった数十万人の上げ下げの話であり、過去分なんてしょっちゅう修正されますから、本来統計的な価値は薄いはず。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-02-05/OKTH3J6K50Y001

ところが、為替の売買する人が飯の種にする統計ですから、それに影響を受ける株の方も無視するわけにもいかないので、重要イベントになっているというものです。

ただ先般も書きましたが、トランプ氏が「雇用雇用」と言っているので、今後一番政権が重要視する指標になることも事実でしょう。なので色々いじってくるとは思います。昔もどこかのCEOが「雇用統計なんて嘘っぱちだ」とツイートして話題になったことがありましたが、中国のGDPも随分怪しいですけど、アメリカも目くそ鼻くそかも知れませんね。

しかし最近恐いなぁと思うのは「トランプ氏が故意にテロを誘発するのではないか」ということ。入国禁止令が司法にも軒並み否定されていますが、Twitterでは「If something happens blame him and court system.」としており、テロが起きたら司法制度のせいだ、という論調になっています。また人のせいにしようとしていますね。

万一これでテロが起ころうものなら、トランプ氏の支持率は一気に上昇することになります。無論トランプ氏が意図的に画策しないまでも、少しでもテロ監視者の警戒を緩めるだけで、テロが起きる可能性が高まりますね。

そうやって一度愛国心を高めるための団結イベントを用意するシナリオが一番恐いです。ただ、問題は最近のテロはむしろ国内で生まれ育った人物が起こす傾向も強く(いわゆるhome-grown terrorism)、白人がテロを起こそうものなら面目丸つぶれですけどね。

なお理由がよくわかりませんけれど「水曜は今年負け無しアノマリー」が続いています。明日も上がるのでしょうか。

アノマリーと言えば、一部で盛り上がったアメリカスーパーボウルの結果。NFC側が勝ったらNYダウの勝率84.6%というアノマリーがありましたが、楽勝ムードから一転、史上最大の大逆転を喫したのだとか。いやー、やっぱり今年の株は下がりそうですね・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000100-spnannex-spo


新興市場は「やや売り」。本日は両指数共に堅調。マザーズの方は主力のCYBERDYNE(7779)が決算に対する期待感もあってしっかり。指数を牽引しました。あまり為替の影響を受けない中で、好需給の状態が投資家の資金の受け皿として機能している格好。ただ上述したように、新興市場の信用買いも結構入ってきている様子。実需買いでなければ、その後の反動が恐くもあります。


ポートフォリオ銘柄】
売り銘柄の大東建託(1878)は反落。遂に自社株買いが終了となり、発表された昨日の昼以降株価は下落基調となっています。また昨日発表されたGDPでも4四半期連続のプラスを保ったものの、伸び率が大きく鈍った要因として「相続税の節税対策で急増していた貸家目的の住宅着工が一服したこと」が挙げられていました。この基調はしばらく続きそうです。


日油(4403)は続落。ただ引き続き日本化薬(4272)などと合わせて年初来高値圏を維持しています。北朝鮮が相変わらずミサイルを撃ってきたり不穏な動きを見せる中、きな臭さが買いに推進力を与えています。


・・・と、また好き勝手書いていたら文字数制限にかかってきたので今回はこの辺で。いつも長々とした駄文をお読みいただき、誠にありがとうございます。なお上記内容は一部前日以前に既発の有料メルマガからの抜粋を含んでいます。


その他有料メルマガの成績は下記「じょうしょうダルマ」URLから確認の上、お申込ください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html


株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、正確性や投資成果を保証するものではありません。