読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

ボーン!と産まれる その1

出産話の続きです
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/KA.Blog/20170314.html

お陰様で先日第一子が無事誕生致しました2,842gで、母子とも健康です

特に陣痛や破水など起こすことなく、出産前日から予定通り入院しました過去にも姪がそこで出産しましたが、原則個室の病院で、部屋もホテル並の内装これなら落ち着いて出産できそうですね一方、嫁よりもむしろ私の方が前日からそわそわ落ち着かなくなり、何事をするにも一々集中力を欠いて、非効率な日々を過ごしておりましたやはり睡眠も浅く

そしていよいよ当日。その日は残念ながら全国的に雨模様でしたが、東京の方では桜の開花宣言が出た良い日柄でした

13時からの手術開始ということで、私が当日母と再度病室を見舞った際は、嫁は既に足には血栓を防ぐため圧迫するストッキングを履き、点滴を受けながら、ベッドに腰掛けて過ごしていました。その日の朝からご飯が食べられない状態だったので、生理用食塩水的なものの様子。ちなみに前日はビーフストロガノフが出たそうです

相変わらず私の方がそわそわと所在なげに部屋の中をうろうろしていたのですが、12:45くらいになると看護師さんがやってきて「抗生物質の点滴をしますね」と追加。段々とその時が迫ってきます

13時丁度に「では今から手術室に向かいますね」と、可動式のベッドに嫁が乗せられて連れて行かれました。私はその跡を追いました

「旦那さんは一旦手術室の前でお待ちください」ということで座って待っていると、間もなく「これを身につけてください」と、マスクやディスポキャップ、そして割烹着のような手術衣を手渡されます「準備ができたら呼びますので、それまでお待ちください」ということだったので、しばらくそれらを身につけたまま待機していました。

待っている間に、先生や看護士さん達が続々と手術室に向かっていきます。それから15分ほど経過し、全然呼ばれる素振りがありません「えっ、ひょっとして旦那立会いというのを忘れてしまってるんじゃないの?オギャーって聞こえてきたらどうしよう・・・」などと、別の不安に駆られていた私でした。(つづく)