読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

ボーン!と産まれる その2

出産話の続きです
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/KA.Blog/20170314.html


そんなこんなでようやく手術室に招かれると、胸の辺りから下半身までを青色の医療用スクリーンで遮られた形で嫁が横たわっていました。酸素マスクを付け、もう部分麻酔である脊髄麻酔は済んだ様子。背中から打つ麻酔で説明でも「痛いです」と言われていましたし、そもそも聞くだに痛そうな感じですが、術後に聞いた話では全然痛くなかったのだとか。この辺りは医師の技量もあるのでしょうか。

心拍数を測定する器械の電子的な音が規則的に響く中、私は嫁の顔の真横の位置に据え置かれたイスに腰掛け、立ち上がることは無いようにと指示されます。立ち上がると手術の様子が見えたり、邪魔になったりするので。

嫁に「大丈夫?頑張って」と声をかけると「うん」と肯き返します。スクリーンの向こうでは、準備のため手術用の道具の音が何やらカチャカチャ聞こえていましたが、私も嫁も何も見えない分、何かと不安を掻き立てられました

それ以上、私は嫁に何て言葉をかけて良いのかわからず、せめて手でも握っていようと思っていたのですが、指先に脈拍などを測る計器が付けられていたので、不用意に触るわけにもいかず隣でおどおどしているばかり。見かねたのか助産師さんが嫁に顔を近付けて「頑張ってね」「何かあったらすぐ言ってね」と上手く優しくリラックスさせるように語りかけてくれます。さすが手練れ、安心できます

間もなく手術が始まった様子。時折嫁の身体がスクリーンの向こうに引っ張られるような感じになったり、掃除機のバキューム音みたいなものが響いたり特に異変なども無く、諸々手際よく進められているような感じでした。私は医者の足元などを見ていたのですが、こちら側からは血などはほとんど見えないようにもなっていました。

そうして私が手術室に入って10分も経たないうちに「フギャー」というような声が聞こえました。そして助産師さんが「1時27分です。おめでとうございます」。それを聞いた瞬間、私と嫁の目にジワッと涙が出てきました(つづく)