KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

27000円の攻防戦に

★☆★☆ 締め切り迫る!

テレビ東京ラジオNIKKEI日経CNBCなどでお馴染み、あのブーケ・ド・フルーレット代表の馬渕治好氏が高岡で自主開催セミナーを開催!!

馬渕治好氏略歴
http://bd-fleurettes.eco.coocan.jp/sub1.html

内容 :「世界経済・市場展望」
(※世界の経済動向、主要市場の先行き、政策要因や投資家動向などの全体観について、最新情報を踏まえながらわかりやすく解説。なお質疑応答を含め、個別銘柄の株価判断はありません)
日時 :7月23日(土) 13:30~
場所 :富山県高岡市 JR高岡駅前 ウイング・ウイング高岡
参加費:4000円

事前お申込制となっており、定員に達し次第締め切りとなります。
特に今回はコロナの影響で定員数は限定されていますのでお早めに!
セミナー終了後は懇親会も予定されています(※自由参加。別途5000円程度)。

詳細を下記リンクよりご確認の上、お申込みください。
https://www.kokuchpro.com/event/be3c63a555a89f8831e26f5c36e6def2/

当然私も参加します(^_^)/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経平均は本日続伸。前日のNYは朝方高く始まりゴールドマンサックスが決算を受けて買われたものの、金融株全体には買いが続かなかった他、Appleが来年の採用や支出を減速させる計画と報じられたことで下げに転じ3指数揃って軟調。中小型株指数のラッセル2000は下落率がマシでした。バイデン大統領の中東歴訪で成果が見られなかったとしてWTI原油先物は102ドルまで上昇。

それらを受けた日経平均は朝方から買いが先行。連休中の海外が総じて高かったことからいきなり27000円を回復して始まりましたが、達成感もあってそのまま金曜終値まで値を消す展開に。ただそこでまた達成感も出ると、アジア株が穏当なスタートになったことでまた買い戻しの動き。寄り付きの高値を上回ってきました。

ただ上値買いは続かず、後場は高値圏で先週末同様横ばい。結局後場寄り水準で終わりました。売買代金は2.4兆円台と低調。REITも堅調でした。


投資判断は「やや買い」。実はここ一ヶ月NASDAQは金曜全勝の5連勝。週末のポジション調整の一環ではあるとは思いますが(特に先週末は出来高が薄かったもののウィッチングデー)、それでも最後に買い戻しが入るということは、売り方もだいぶ諦め気味なのだろうとは思います。中でも大型グロースが主軸のアークイノベーションファンド(ARKK)も37ドル割れでダブルボトムを示現したような形。
https://www.bloomberg.co.jp/quote/ARKK:US

現段階でNASDAQの底値は6/16となっていますが、SOX指数の方は遅れて7/5に底入れ。7月月初にはマイクロンの決算を受けて大きく売られ陰の極感を演出し、一方でNASDAQの方は崩れなかったことで売りが出尽くし。金利が上がってもNASDAQは崩れず、年後半から機関投資家のリバランスもあって、勝負が付いた(売り方が撤退した)ような感じになっています。

というわけで、年後半相場はグロース株の時代が来たと考えています。昨日からGoogle(Alphabet)は20分割が実施され株価も安くなりました。元々アメリカ株は日本株と異なり1株単位でも買えるわけですが、更に買いやすくなることは投資資金を呼び込みやすくなります。また将来的なダウ採用にも道筋が開ける形になります。

ただバリュー株の方も決して弱いわけではなく、下値耐性が付いてきた感じはあります。繰り返しになりますが、まだ完全に底打ちしたと言い切れるだけの材料はありません。

しかしこれまでとは明らかに「雰囲気」が異なり、例えばイギリスやイタリアで政権が混乱し、ポンドやユーロがドンドン下がっても、大きな混乱は起きていません。中国株が下がってもスリランカなどの新興国が自国通貨安を契機に破綻などしてもアメリカ株は底堅く、これで3連続陽線となっています。NASDAQから資金が逃げなくなったことが大きいからでしょう。

今週はFOMC前のブラックアウト期間に入り、少なくともFRB高官の発言に振らされることはありません。後述のスケジュールのように全体としての大きなイベントはなく、あくまで個別企業の決算を受けての反応がメインになりそうです。流れとしては長期金利は安定的、株も底堅い原油も落ち着いてきた・・・と、とりあえず今週に関しては大きな不安材料がありません。

基本的には日米株価共に最悪期は過ぎてやれやれと年末にかけて戻っていく流れだと思います。特にその先鞭となるのがグロース株。まだ迷いのある感じですが、個人的には「それがまた良い」とも思っています。ググッと一気に上がってしまうより、迷いながら上昇していく方が息が長い上昇になりますから。

本日上昇の一因となったのは半導体関連株の反発。昨晩のアメリカでもSOX指数の下落がNASDAQに比べてマシだったので、ここまで下落していた分の耐性が付いてきたとみられます。そしてその流れを決定付けそうなTSMCも決算がに出て「半導体は在庫調整期に入った」という見解を示しました。今年の設備投資もレンジ下限に近くなるとピークアウト感を隠しません。しかしそれでもTSMCの株価自体は比較的しっかりの推移となっています。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-07-14/REZX0VT0G1KW01

7月第1週の投資主体別売買動向では外国人投資家が現物を4,307億円の買い越し。先物7,542億円の買い越しと合計で1兆円以上の大幅買い越しに。個人が現先遭わせて4,849億円の売り越し、またETF分配金捻出売りの投資信託も2,782億円の売り越しとなっており、これらを外国人買いが吸収した形です。外国人投資家は特にグロース市場も154億円の買い越しと一転買いに転じています。

先週は岸田首相の会見があり、安倍元首相の国葬原発最大9基と火力発電10基の追加稼働を表明。ただあくまで「最大」ですし、そもそも「追加」稼働の表明は火力発電のみで、原発は「追加」と言明しておらず、現状運転が許可されている原発に限るのではないかという声も。

そもそも足りない東日本管轄で再稼働が可能な原発は限られています。原油購入額減により経常赤字は和らぐ・・・とも受け止められず、円安は更に進んで先週は139円を付けました。この辺りは結局、受け止める側が受け止めたい方にバイアスをかけて理解している、というだけの感じで実際にどうなるのかはわかりません。


新興市場は「買い」。本日の東証グロース市場指数は反発。一時マイナス圏に沈む場面がありましたが、全体相場に合わせて値を戻しています。なんだかんだで上昇率もプライム市場を上回っており、特にCore指数に採用されている大型株がしっかり。ここからの相場の牽引役として期待です。


ポートフォリオ銘柄】

ブロードメディア(4347)は反発。朝方買い気配スタートで始まりましたが、買いが続かずに失速。ただ5日線はキープして前場高値を上回り、7/14の天井感に抗う形。突破できれば大相場に繋がっていくと思うのですが。


日本電産(6594)は続伸。明日の決算に向けて期待感が高まってきている感じです。正直、決算前に買われるのは危険な感じがしますが、いずれにせよ着実な下値切り上げでまず1万円回復を目指すトレンドだと思います。


・・・と、また好き勝手書いていたら文字数制限にかかってきたので今回はこの辺で。いつも長々とした駄文をお読みいただき、誠にありがとうございます。


なお上記内容は一部前日以前に既発の有料メルマガからの抜粋を含んでいます。


その他有料メルマガの成績は下記「じょうしょうダルマ」URLから確認の上、お申込ください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html


株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、正確性や投資成果を保証するものではありません。