読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

小さな古時計 その2

前回の近所のおじいさんの話の続きです。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/KA.Blog/20150906.html


ここ富山はご存じのように冬は雪が降り、普通のところは融雪装置があって道が開けるのですが、この辺りだけ公園の関係上ありませんなのでおじいさんも身体が動く間はご自身で雪かきされていたのですが、近年は私がおじいさんの家の前の雪かきはしてあげていましたおじいさんはいつも「すいません」が口癖で、私にペコペコ何度も頭を下げられていました。

5年程前の話になりますか、おじいさんがまだご自身で雪かき出来た頃、私も雪かきしていて休憩がてらに立ち話をしていると「昨日家で転んでしまって腰が痛い」というようなことを言っておられたので「じゃあ後は私がやりますから」と言って残りを引き受けました。

ところが、それから数日間、全くおじいさんが家から出てくる気配がありませんでした家にはカギがかかっています。「ひょっとして中で倒れたままになっているんじゃないか?」段々心配になってきたので、町内会長などと相談して警察に連絡しました。

程なく警察がやってきて、どこか開いているところは無いかとか色々探し、最終的に何とかカギを開けて入ってみると、中には誰も居ませんでした。私はひとまずホッとしたのですが、じゃあ今度はどこに行ったのかということを突き止めないと一件落着になりませんその後色々と捜索していただいた結果、結局市内の病院に入院しているということが判明しました腰を痛めた件で、知り合いに病院に連れて行ってもらい、そのまま入院になったのだとか

そんな一騒動があったこともあり、私は町内の民生委員の方からお願いされ「高齢福祉推進委員」なるものに数年前任命されました。簡単に言えばおじいさんに付いて様子を伺う「バディ」と言いますか、そういう役目です。私は一応在宅の仕事ですし、引き受けることになりました。

それからおじいさんは次第に身体が弱ってきて、とりあえず冬は介護施設に入所、それ以外の時期はデイサービスを利用するというような感じになりました。ともあれ毎朝施設の誰かがおじいさんの家に行くので、私はホッとしていましたなので、私の仕事は週に一度おじいさんの家のゴミを捨てる程度で、それ以外は施設の人に任せていました。(つづく)