読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

3度目の元切り下げも反発!

★☆★☆好評につき第四回開催決定!!

テレビ東京日経CNBCラジオNIKKEIなどでお馴染み、あのブーケ・ド・フルーレット代表の馬渕治好氏が高岡で4度目となる自主開催セミナーを開催されます!!

馬渕治好氏略歴
http://bd-fleurettes.eco.coocan.jp/sub1.html

内容 :「世界経済・市場展望」
(※世界の経済動向、主要市場の先行き、政策要因や投資家動向などの全体観について、最新情報を踏まえながらわかりやすく解説。なお質疑応答を含め、個別銘柄の株価判断はありません)
日時 :8月29日(土) 13:30~
場所 :富山県高岡市 JR高岡駅前 ウイング・ウイング高岡
参加費:4000円

事前お申込制となっており、定員に達し次第締め切りとなります。
セミナー終了後は懇親会も予定されています(※自由参加。別途5000円程度)。

詳細を下記リンクよりご確認の上、お申込みください。
http://kokucheese.com/event/index/288696/


前回は何と福岡県から参加された方も!
北陸新幹線が開業したこともあって、長野などからも参加しやすくなりました。
幅広い地域の方々のご参加お待ちしております!!

当然私も参加します!!(^_^)/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経平均は本日反発。前日のNYは中国に対する景気懸念から大幅安で始まったものの、引けにかけて切り返しの動き。

それを受けた日経平均は朝方から反発の流れに。一方TOPIX軟調に推移していました。10時15分にまた中国が3日連続となる元の切り下げを実施した瞬間は指数が大きく上下に振れましたが、その後は落ち着きを取り戻して徐々に買い戻しの流れ。昼に中国人民銀行総裁が「人民元が継続的に下落する根拠は無い」と指摘したことを受けて、これ以上の切り下げが無いと見られると次第に買い戻しが優勢になりました。

後場TOPIXがマイナスだったこともあって日銀のETF買いも入り一段高となりましたが、昨日寄値までの戻りで息切れ。明日のSQを控えてポジション調整の動きも出た模様。売買高は24億株台、売買代金は2.9兆円弱と活況ではあるものの、動いた程ではありませんでした。


投資判断は「中立」。昨日は驚愕の空売り比率39.2%と堂々の過去最高更新。しかもそこそこ売買代金が膨らんでいましたから、かなりの量の空売りが入り込んでいました。本日のアメリカ株の戻し方を見ても、今日の買い戻しはほぼ既定路線だったと思います。

ただ、そのアメリカ株はダウがやはり直近安値を割り込んでしまい、その他の指数もまた下値を探りに行く動きではありました。切り返しの動きは出たものの前日終値に戻すまでで精一杯で力強さは見られません。日本株の需給だけを見ると買いスタンスでも良いのかも知れませんが、外部要因を見るとアメリカ、欧州、中国とそれぞれ不安定要因を抱えており、おいそれと買い目線では見られません。

やはり中国の元切り下げは方々に影響すると思います。特に株式市場に大きい影響を与えるのは、やっぱりApple株を通じてではないでしょうか。人民元の切り下げは特にドルとの間で明確に切り下がっているのですから、この二国間の取引で影響が大きいのはAppleだと思います。そのAppleの株価はかろうじて反発してきたものの、引き続き下押し圧力が強そうです。

逆に安心材料としては本日発表された投資主体別売買動向で外国人投資家が大幅な買い越し。特に先物は先々週の大幅売り越しの倍を超える6252億円の買い越しとなり、TOPIX9連騰を演出していたのは彼らでした。外国人による日本株売り転換というのはまだ明確に出ていない格好です。


新興市場も「中立」。本日は高安マチマチ。マザーズは個人投資家大好きのFFRI(3692)が赤字転落の決算を出してストップ安比例配分。時価総額も大きいことで、マザーズ指数に大きくマイナス寄与しました。しかし正直この株価水準を肯定できるほど決算が良いと思ってた人っているんでしょうか・・・。

そして本日は本日でミクシィ(2121)が決算を発表。ただこちらはコンセンサスを上回る好決算を出してはきました。が、あんまり上がらないでしょうね。期待値は既に十分高く、最終的には出尽くしの売りに繋がってマザーズ指数を押し下げる要因になりそうです。

今本質的に相場に買い意欲を与えているのは、上述したように空売りの買い戻しという好需給が大きいと思います。であれば空売りの買い戻しが出辛い新興市場はちょっと相対的に弱そうです。


ポートフォリオ銘柄】
日本プロロジスリート投資法人(3283)は反発。本日も日銀によるETF買いが入りましたが、8月既に5回目。その割にはREIT指数は浮上の兆しも見えず、ぱっとしない展開が続きます。中国の元安誘導は次第に日本の不動産株も買い辛くしますから、目先売り圧力に繋がっている格好。

ただ同ファンドに関しては引け間際にまとまった買いが入り、ここ数ヶ月で一番出来高が膨らみました。特に今日は他にもGLP投資法人(3281)や日本ロジスティクスファンド(8967)といった物流系REITの強さが目立ちました。GLPは先般増資による物件調達を発表したことで一旦押したものの、そこからは反発の流れが出てきていることでまだわかりますが、その他は特に目立った理由は見当たりません。

チャート的には一目均衡表の雲下限に引っかかったところでストキャスも安値好転。7月の安値形成以後は下値切り上げの展開が続いていることで、まず75日線突破の流れに期待です。


売りポートフォリオ日本空港ビルデング(9706)は引けにかけて値を戻す展開。人民元の切り下げによってインバウンド熱の低下から関連株が朝方まで軒並み売られましたが、後場には一斉に切り返す流れになりました。同社も目標の6000円手前で戻す流れにはなりましたが、引けでプラス圏までは維持できませんでした。

200日線にも接近してきたことで、この辺りが一つ良いところかなと思います。とりあえず明日の寄り付きで買い戻し、終了とします。


同じく売りポートフォリオ入れの日本ハム(2282)は続伸。昨日各証券会社が相次いで高評価のレポートを出したことで反発の流れに。本日は更に地合の好転もあって3000円及び25日線回復となりました。ちょっと邪魔が入りましたが、基調はやはり弱い動きが続くと見ています。


【注目銘柄】
テイクアンドギヴ・ニーズ(4331)は続伸。こちらは9日配信の有料メルマガにて買いで取り上げ。決算を評価しました。その後しっかりと見直し買いが入ってきて連続陽線の動き。5月以来の高値水準75日線もクリアしつつあります。最近は同業のワタベウェディング(4696)が千趣会(8165)によるTOBが出てきて業界再編の機運も高まっており、この業界には注目しています。


その他有料メルマガの成績は下記のURLから確認の上、お申込ください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html


※株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、正確性や投資成果を保証するものではありません。