読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

あぁ、のど自慢 つづき

母はステージ上で並んでいる間、次の順番の女子高生と何やらお互い励まし合っていました。母の順番が次第に近づくにつれ、私も何かドキドキ

いよいよ次に母の番が来る・・・というところで、ちゃんと順番が来る直前の出場者にスタッフの女性が話しかけて緊張をほぐしてくれるようです。母は胸に美空ひばりのブローチを付けていたので「美空ひばりですね」と言われたとのこと。

そして遂にうちの母の番。すかさず前の人からマイクを受け取り「210番、みだれ髪」と番号と曲名を言うと、伴奏がスタートしました

で、私も援護射撃をしようと「おっかぁー」と叫びます。ちなみに私、家で母のことを「おっかぁ」と言っています一応地元はそこまで田舎ではないですが、高校生くらいの頃から日本昔話風に呼んでいて、今もそのままです。それで会場がちょっと「ドッ」としましたが、これも一つ地方っぽくて得点高いかなと

そして肝心の母の歌です声はしっかり出ているのですが、若干演奏からズレる感じまあまあこれもこれで高齢者枠っぽい感じでアリだなとは思いました練習の段階では声が裏返ったりしていたサビの部分も何とかクリアちなみにサビの歌詞の中に「憎や~恋しや~」とあるのですが、母の練習中に私が「肉屋~豆腐屋~」と邪魔していたので、そう歌ったたら歌ったでネタとして面白いと思っていたのですが、残念ながら(?)引っかかりませんでした

「私詩吟やってたから人前で歌うのにも自信がある」と言っていた通り、歌っている時は案外堂々としていて緊張感は出ていませんでした。本当は写真とか撮りたかったのですが、禁止されているので自重しました

で、何かステージ上で歌っている母を見て、自分でも一体どういう感情なのかわかりませんが、ちょっと泣きそうになりましたなんか子供が運動会で頑張っているのを見る親の気持ちなのかも知れません。立場が逆ですが

そして「ありがとうございました」と終了の合図が出て、母の出番は終了応募ハガキを出してから1ヶ月超にわたった母の挑戦はこの1分ちょっとの時間で完結しました。歌い終わるとステージから降りて、小田切アナウンサーに今回選んだ曲のエピソードを一つ話します。もし本番に出たら歌唱後にするエピソードの簡単なアンケートですね。恐らくこれも採点に影響するのだろうなと思います。

母の次に歌った女子高生は非常にピュアな感じの優しそうな娘で、友達の「頑張れー」という声援に「ありがとう」と柔らかい笑顔で答えていました。あぁ、何かおじさん青春を感じちゃったな(つづく)