読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KA.Blog

株式市場で気になる銘柄をピックアップして分析、検証していきます。主に中期~長期の投資で成果を上げ、値動きを追っていく予定です。株の他にも日常の話題やコーナーで綴っていき、むさくるしくない(?)ブログにしていきたいと思っています。

売り一巡感から買い戻し

★☆★☆いよいよ明後日開催!!

富山県高岡市で10/17(土)講師にあの独立系調査機関 TIW代表取締役 藤根靖晃氏をお招きして、投資勉強会を開催!

藤根靖晃氏略歴
http://blog.livedoor.jp/wildernesswolf/archives/50594043.html

表題 :「リスク・プレミアムから見る市場の適正水準と銘柄選択手法」
日時 :10月17日(土)15:00~
場所 :富山県高岡市 JR高岡駅前 ウイング・ウイング高岡
参加費:3000円

セミナー終了後は懇親会も予定されています(※自由参加。別途5000円程度)。

詳細を下記リンクよりご確認の上、お申込みください。
http://kokucheese.com/event/index/336379/


首都圏以外で藤根氏のお話を聞けるまたと無いチャンス!!
幅広い地域の方々のご参加お待ちしております!!

当然私も参加します!!(^_^)/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本日は所用があるので簡易版です。


日経平均は本日前引け段階で反発。前日のNYは出てきた企業決算や雇用統計が悪かったことで軟調。ドル円も円高方向に進んで118円台に突入しました。

それを受けた日経平均も朝方から売りが先行。為替が円高基調に振れる中で、昨日の下落の勢いが継続しました。ただ寄り付きで売りが一巡したとみられると、そこから下値を拾う動き。為替も円高が一服し中国株がしっかりしていることで、18000円を回復。個別では為替に関係が薄いネット株やゲーム株などの上昇が目立ちました。前引け段階では売買高は11億株台、売買代金は1兆円ちょっとと低調。


投資判断は「中立」。ドイツのZEWが予想を下回るような悪さを見せたり、アメリカの景況感がまた悪化してきたりと、外部環境の雰囲気が悪くなってきました。合わせて出てきているアメリカ企業の決算も、先行き期待感が拡がりにくい環境となっています。原油価格もまた下がり気味。

先般より「17500円辺りまでの押しはあってもおかしくない」としたように、やはり10月に入ってからの上昇相場は単なるリバウンドに過ぎず、腰の入った買いはまだ入っていなかったようです。この辺りは業種別で見てもまともに買われたのは建設くらいで、買われていた小売りや薬品株が売られ、売られていた機械、鉄鋼といいったところの買い戻し基調を見ても明らかでした。

それで18000円を割り込んできたので、スタンスとしてはまだ下値はあると留意しつつも、次第に買いポジションを増やしていっても良いのではないかと思います。投資判断が「中立」ですから買い売りのバランス50:50のイメージでしたけれど、今は60:40くらいに上げても良いんじゃないかという感じ。

基本路線は今月末からの戻り想定ですから、ここから月末にかけて買い下がり戦略がベターな気がします。中国の次期5カ年計画を定める「5中全会」も26~29日の日程に決まりましたし、日米の金融政策に加えて重要なイベントが集中する日程となっています。極端な話、多少失望的な内容が続いても、相場が本格的に反転する良い口実を与えてくれそうです。

チャートで見ると10/5のTPP大筋合意で急騰した際に開けた窓を埋める動きになっています。足元でアメリカの有力新大統領候補が、共和・民主共に軒並みTPPに反対なので、本当にアメリカの議会で可決されるのか、というちゃぶ台返しすらありそうなので、この辺りの強さの分を株価に織り込むのは尚早という判断なのかも知れません。

また、ドル円チャートはやや円高がトレンドになりつあり、ボリンジャーバンドも開きつつあります。目先はとりあえずアメリカの利上げ先延ばし懸念による円高トレンドに注意が必要な感じです。昨日の空売り比率も40.3%ということで、ちょっと隙を見せると売り方につけ込まれるような感じになっています。


新興市場も「中立」。本日は両指数共に堅調。久しぶりの新規IPOであるAppBank(6177)買い気配スタートとなり、順調な立ち上がりを見せました。足元で為替が円高基調にあることもあって、短期的な資金新興市場などに入り込みやすいのではないかと思います。


ポートフォリオ銘柄】
売りポートフォリオファーストリテイリング(9983)は前引け段階で続伸。昨日は一時41650円の安値を付けましたが、まあこれで目標4万円まで近づき、大体良いところまで下がってきたかなという感じです。まだここから急反発ということはなさそうですが、一方で下値も固い印象。なので後場寄りで利食い、終了とします。


売りポートフォリオクオール(3034)は前引け段階で反発。昨日も引き続き大きく売られ、値下がり率上位にランクイン。本日は素直に反動が出ている感じです。本日は同業のアインファーマシーズ(9627)と共に買い戻しの動きが出た格好。うーん、地合の底打ち感もありますし、こちらも利益が出ているうちに利食った方が良いのかも知れません。そんなわけで後場寄りで利食い終了とします。


【注目銘柄】
VOYAGE GROUP(3688)は続伸。こちらは前回も当欄で取り上げましたが、6日に有料メルマガで買いで取り上げ。その後下値切り上げの次第高となっています。チャート的に三角持ち合い上放れ基調にあること、また同社は東証1部に指定替えしたのが先月の話なので、今月の末にTOPIX算入買いがあるのも買い材料。株価の出遅れ感も強く、地合が弱含んでも地合耐性がある動きになっています。


その他有料メルマガの成績は下記のURLから確認の上、お申込ください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html


※株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、正確性や投資成果を保証するものではありません。